もう悩まない!大阪の住宅の建築やリフォームに関する法律相談を受け付けています

審査会による紛争解決の長所と短所

長所 短所(申立時の留意事項)
  • 弁護士や建築士など、住宅についての紛争に関する専門家による、公平で専門的な判断が得られます。
  • 解決までの過程は非公開で行われるため、プライバシーや営業の秘密が守られます。
  • 当事者の合意に従い手続を行うことや、専門家の知識を活用することで、迅速な解決を図れます。
  • 費用は申請手数料のみ。申請手数料は1万円(非課税)です。原則として、現地調査費用など、その他の費用はかかりません。
  • 審査会の行うあっせん、調停手続には、時効の中断効はありません。
  • あっせん、調停が成立したときに作成する和解書、調停書には債務名義としての効力はありません。
  • 申請手数料は返還されません。
  • あっせん、調停においては、被申請人が審査会の手続に応じない等の場合には、手続を打ち切ることがあること。